最近のネット通販は、こういう変化が!?

  • ノウハウ系
  • ふぉろふぉろ通信
  • PR
  • top
  • >ふぉろふぉろ通信
  • >最近のネット通販は、こういう変化が!?

ふぉろふぉろ通信とは

ふぉろふぉろ通信とは、Wowma!に出店してくれている店舗様が売上げに繋がるように、出店店舗様向けに定期的に送っているノウハウメルマガです。ネット通販がはじめてでもすぐに実践できるようなノウハウを公開。

ライターはWowma!の前身でもある「ビッダーズ」の時からアドバイザーとして
数百以上の店舗様をサポートしてきたセニョールです。
1999年からEC事業に携わり、自分自身でも事業者として複数のネットショッピングモールに出店したり、国内・越境自社サイトの運営もしていたため、店舗様の悩みに寄り添ったさまざまなコンテンツをお届けします。

せにょーる.png

セニョールからのコメント

ネット通販が初めての方や、経験はあるけれどどうやったら良いか分からない、というような方が「そうなんですね!」と感じてくれたり、即現場で活用できるような情報・ネタなどを色々お伝え出来ればと思います。

最近のネット通販は、こういう変化が!?

新三種の神器が詰まった最強ツール「スマホ」

紅葉が始まるとついつい綺麗な景色の写真を撮影したくなってしまうのですが、最近はデジカメで撮影するというよりはスマートフォンで撮影するのが主流になってきています。ネット通販も何かとスマホの時代になってきています。

スマートフォンが普及して久しいですが、その機能たるやもの凄いスピードで進化しています。
スマートフォンはそもそも「電話」なのですが、最近では電話(通話)以外の機能でもメインに使われていたりします。
それは「カメラ」「パソコン」「金融」の機能です。

■カメラ機能

AdobeStock_187632994.jpeg

スマホで飛躍的に性能が向上した機能の1つがカメラ機能です。
ちょっと前までは500万画素もあったら凄かったのですが、最近では1000万画素以上が当たり前になってきました。
また、ピント調整やホワイトバランスなどもコンパクトデジタルカメラと同様もしくは、それ以上の機能を有するにまで発展しています。

ここまで性能が向上してくると、コンパクトデジタルカメラ(デジカメ)を持たなくても、簡単にきれいな写真を撮影することが可能になってきます。
特にホワイトバランス調整は一眼レフのように自分で調整をしないといけないのと反して、スマホは自動で調整するようになっているものが多い為、一眼レフよりもかなり使い勝手がいいともいえます。

■パソコン機能

デスクトップタイプやノートタイプのパソコンからタブレット、そしてスマートフォンにニーズが移りつつある昨今、スマートフォンもパソコンの機能まではいかないにしてもG-mailやPC用のメールの送受信が可能になり、しかもブラウザーもPCと違っていつでもどこでも使うことが出来るので、「検索する」という行動パターンが日常生活の中に浸透しました。

また、ビジネスマンはExcelやWord、PDFなど仕事で使うファイルをスマホで閲覧したり、会社のスケジュールをスマホから確認したりなど、小さなパソコンのように使っていたりします。

■お財布・金融機能

AdobeStock_112895088.jpeg

「おさいふケータイ」という言葉を耳にすることがありますが、iPhoneにもお財布機能が実装され、スマホを持っていればお財布を持っていなくても支払いが出来てしまう時代になってきました。
PASMOなど鉄道系電子マネーをはじめ、WAONやEdy、nanacoなど沢山の種類の電子マネーをスマホで利用できるだけでなく、スマホでネット通販を利用した場合に、クレジットカード決済も利用できます。
また、ネットバンキングやスマホでの株の取引など、小さなスマホの中にはその人の生活のとても大事な部分を備えたツールにまでなります。(ある意味、家の財産が入っていると言っても過言ではないです。)

このようにしてスマートフォンという小さな機械の中にこれだけの機能が充実してきたことにより、人の行動パターンもかなり変化しています。

スマホの普及がユーザーの行動を変えた

スマートフォンの普及により機能に関しても、カメラ機能やパソコンにある機能などが飛躍的に充実しています。それによってユーザーの行動パターンもかなり変わってきました。その1つが「検索方法」です。

検索というとYahoo!やGoogleで検索するのが一般的だと思う人も多いのではないでしょうか。実はそれはちょっと過去の話になりつつあるのをご存知ですか?最近の調査では、Googleでの検索は27%に対して、SNSでの検索が何と67%にまで普及しているのです。Instagramでの検索は32%とgoogleを超えています。

AdobeStock_83160775.jpeg

これは特に10代~30代の人によく見受けられるのですが、FacebookやInstagramは投稿してサイトを「閲覧する」というだけではなく、それぞれのSNSサイトの中で必要な情報を検索して「調べる」ということが当たり前になってきました。

YouTubeなども必要な情報を検索し、自分が必要とする情報を動画から見つけるという使い方が普及してきています。

それは通販においても同じで、SNSで気になる商品を検索し、そこで気になる投稿を見つけるとその投稿者がなんの商品を使っているのか、どういう感想・意見を持っているかなどを写真や動画から総合的に判断して商品を購入するような行動パターンになってきています。

いろいろなところで「SNSを使いましょう」と良く耳にすることが増えてきたと思いますが、その背景には上記のように若い年代のユーザーが「SNSで情報を収集する」ということが当たり前になってきているということがあるからです。

しかしお店のアカウントでやるSNSは、ただ単に商品を投稿・掲載するだけではほとんど「いいね」もフォロワーも増えません。SNSについては通常のECサイトとは異なった見せ方をしないといけないので、そこは別の回で詳しく紹介します。

商品写真をスマホで撮影?!

通常、ネット通販用の商品写真はデジカメで撮影して、撮影したデータをパソコンに取り込んで、そしてフォトショップなどの画像編集ソフトで加工(色補正やトリミングなど)をして、商品写真として登録する。これは一般的な写真の撮影から登録への流れです。

さらに商品写真にこだわる企業は、小さい撮影スタジオブースをオフィスに用意したりして照明機材もスタジオ用のものを導入したりします。
そうなると準備から撮影まで、そして画像加工して商品写真の登録するまでに要する時間は数時間かかり、場合によっては1日がかりになったりすることがあります。

AdobeStock_191050802.jpeg

ただ、最近ひそかに増えつつあるのが「スマートフォンで商品写真を撮影する」ということです。実は私も前職ではiPhoneを使ってブランド品や着物などの撮影をして毎日2000品もの新規大量出品をしていました。その時に感じたことは「普通のデジカメよりもはるかに楽に撮影できて、しかも色が結構美しい!」ということでした。

スマートフォンには色補正機能やホワイトバランス調整機能、ISO感度調整、明暗調整など様々な機能が実装されており、しかも「フルオート」機能で撮影をするとスマホに搭載されたコンピューターが自動で最適な絞りやシャッタースピード、色補正等をしてくれるので、撮影する人はスマホが手ぶれしないように構え、そしてピントを合わせたいところを軽くタップし、後はシャッターボタンを押すだけ!

黒やグレー系の色などは、スマホが賢すぎて勝手に黒を白にしようと変な色になったりしますが、大抵の場合、スマホで非常に綺麗な写真が撮影できます。

また、加工に関しても撮影後の写真はスマホに付属している機能でトリミングしたり補正したり出来るので、非常にスムーズに写真の加工をすることが出来ます。慣れてくれば1枚あたり1分もかからないかもしれません。

そして画像の補正が完了したら、写真データが保存されているマイクロSD等を撮影したスマホから抜いてパソコンに差し込み、商品画像登録をすれば完了です。

高級腕時計やジュエリー・アクセサリーなど、一部の商品に関しては一眼レフでないと難しい場合もありますが、多くの商品はスマートフォンのカメラ機能でも十分素晴らしい写真を撮影して加工が出来ますので、是非試してみると良いです。

いかがでしたでしょうか? 今回は全体の概要の話をさせて頂きましたので、ふわっとしている部分もありますが、次回はちょっと実例を挙げていこうと 思います。

この記事が役に立ったらシェア!

  • Facebookでシェア
  • ツイートする
  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加