• ノウハウ系
  • ふぉろふぉろ通信
  • PR
  • top
  • >ふぉろふぉろ通信

ふぉろふぉろ通信とは

ふぉろふぉろ通信とは、Wowma!に出店してくれている店舗様が売上げに繋がるように、出店店舗様向けに定期的に送っているノウハウメルマガです。ネット通販がはじめてでもすぐに実践できるようなノウハウを公開。

ライターはWowma!の前身でもある「ビッダーズ」の時からアドバイザーとして
数百以上の店舗様をサポートしてきたセニョールです。
1999年からEC事業に携わり、自分自身でも事業者として複数のネットショッピングモールに出店したり、国内・越境自社サイトの運営もしていたため、店舗様の悩みに寄り添ったさまざまなコンテンツをお届けします。

せにょーる.png

セニョールからのコメント

ネット通販が初めての方や、経験はあるけれどどうやったら良いか分からない、というような方が「そうなんですね!」と感じてくれたり、即現場で活用できるような情報・ネタなどを色々お伝え出来ればと思います。

何故、回遊性を考えないといけないのか?

インターネット通販を運営していると、売上の方程式を良く目にすることがあると思います。 その方程式は一般的には
 売上 = 来訪者数 × 購入率 × 購入単価
となっています。

売上を伸ばしていくには「来訪者数を増やす」ということが重要です。
そのために広告を使って集客をしたり、SEO対策をして検索結果から多くの来訪者を得ようとしたりなどの努力をします。

しかし、売上を伸ばすにはただ単に来訪者を増やすだけではだめなのです。

例えば、100人のお客様が来訪して100ページ閲覧してくれた場合と、100人のお客様が来訪して500ページ閲覧してくれた場合で、どちらのケースのが売上が高くなるかというと、後者の「100人のお客様が来訪して500ページを閲覧してくれた」場合のが売上が多くなることが多いです。

前者のパターンは平均すると1人1ページしか閲覧してくれていません。
後者のパターンは平均すると1人5ページも閲覧してくれています。

当然多くのページを閲覧してくれた方がお客様が得る情報や商品は多くなり、そしてよく比較・検討をした上で購入してくれるようになるので、売上が増える可能性が高くなります。

 売上 = 来訪者数 × 購入率 × 購入単価

この来訪者数の裏には閲覧数が隠れているということを忘れてはいけません。

来訪してくれたお客様がお店の中でより多くのページを閲覧してくれることで、つまり回遊性を高めるための施策を考えることで、お客様は商品を購入することに関して多くの情報を得ることができ、その結果としてお店や商品に対して安心感や購買意欲を抱くようになり、売上が上がりやすくなっていきます。

回遊性を高めるには?

では、どうやって回遊性を高めれば良いかというと、
各ページに関連するページへのリンクを掲載することで可能になります。そして、回遊性を上げるためのリンクの設定についても「全ページに掲載しても良いリンク」と「全ページではない方が良いリンク」があります。

◆「全ページに掲載しても良いリンク」とは?

実際にどのようなページへのリンクがこれに該当するのかというと、
①「お支払方法」「送料について」「返品について」
②「お店の方針について」「店長からのお知らせ」
③「修理対応について」

など、取引全般に関係してくるような説明等を記載しているページへのリンクは、基本的にすべてのページにリンクを設定しておくことで、お客様はお店や商品等についての理解度を高くすることができ、その結果として安心してお買い物ができるようになります。

◆「全ページではない方が良いリンク」とは?

上記は全ページに掲載した方が良いリンクの例ですが、全ページに掲載しない方が良いリンクも実際にあります。言いかえると「関連しないリンク」は貼らない方が無難です。

不足画像.jpg

ちょっと極端な例になりますが、「食品のページに自動車の部品へのリンク」が貼ってあってもお客様は違和感を抱くことになってしまい、その結果として購入率が低下してしまうこともあります。

お客様がお買い物をする上で購入心理に違和感を抱ずにスムーズにお買い物を完了してもらうためには、「その商品に関連するページへのリンク」のみを掲載するようにした方が良いです。

例えば
・掃除機の商品ページに交換用の紙パックへのリンク
・鍋のページに鍋敷きやミトンなどへのリンク
・赤いジャケットのページに「赤いブルゾン」などのリンク
 ※色で商品を探す人がいるので、同系色のアイテムのリンクを入れると良い。
・Mサイズの衣類のページに同じサイズの商品のリンク
・お米のページに雑穀米などのリンク
・革製品の商品ページにお手入れ方法の説明ページへのリンク
・野菜の商品ページにレシピコンテンツへのリンク

などを設定することで、同梱での注文や他の商品の購入など、何かしら購入してくれる場合やまとめ買いしてくれる可能性が高くなります。 お客様にスムーズに商品を探してもらうために、その商品と関連する商品や情報ページへのリンクを掲載するように考えてみると良いです。

いかがでしたでしょうか?

せっかく来訪者数を増やしたとしても、サイトの中でお店と商品を知っていただくための仕組み(おもてなし)を用意していないと、お客様が満足してお買い物できずに出て行ってしまい かねないです。

そうなってしまっては非常に勿体ないので、この機会にお店の中の回遊性を良くするための仕組みをじっくり考えて、そして設定していくようにしてみましょう。

この記事が役に立ったらシェア!

  • Facebookでシェア
  • ツイートする
  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加