【vol.24】メルマガはこのまま衰退するのか?

  • ノウハウ系
  • ふぉろふぉろ通信
  • PR
  • top
  • >ふぉろふぉろ通信
  • >【vol.24】メルマガはこのまま衰退するのか?

メルマガはこのまま衰退するのか?

前回のふぉろふぉろ通信ではネット環境の変化が与えたメルマガへの影響などを解説しましたが、メルマガを取り巻く環境の変化、そして今日と理解していくと、メルマガってもはや「時代遅れの接客ツール」とか「このままなくなるのでは?」という風に考えてしまうこともあると思います。

では、実際どうなんでしょうか?

メールからアプリへ

スマホが台頭してから「アプリ」がどんどん普及しはじめました。そして今では沢山のアプリが存在し、毎日のように新しいアプリがリリースされています。
アプリが普及するにつれて「ブラウザー(WEB)」から「アプリ」経由でのサービスへのアクセスが増えてきました。

昨年の情報によると、

・スマホ利用時間の約9割が「アプリ」利用
・日本人のアプリ利用時間は1日3時間(個人的にはそんなに多いのか疑問ですが)
・1か月に利用するアプリ数は「30個」ほどで、その数には上限がある
 →アプリを利用する時間が増えても使うアプリ数には上限がある
・日本での月次の新規アプリダウンロード数が頭打ち状態(これ以上伸びない)

とのことです。

こうなると、「如何にしてユーザーのスマホにアプリをダウンロードしてもらい、しかもアンインストールされないように持続させるか」ということを、アプリを運営する側は必死に考えなければなりません。

そして、上記のようにスマホ利用者から「セレクト(厳選)」されたアプリのみが利用されることになるので、アプリ内にいるお客様はWEBサイトにいるお客様よりも「セレクト(質が高い)」されている可能性が高く、そのためか実際にリピート率が高いのが現状です。

そうなると、「メルマガ」よりも「アプリ」という風に思ってしまうと思います。

しかし、アプリではお店側からお客様に向けて「攻めていく」手段が少ないのが現状です。

従って、「WEBサイト」と「アプリ」で、それぞれに強み・弱みがありますので、ご紹介させていただきます。

メルマガは衰退していく運命なのか?

「衰退するかもしれないし、衰退しないかもしれない」

というのが、私の考えです。

つまり、それは「それぞれのメルマガ次第」ということです。

実際にWowma!に出店しているお店のメルマガについて、1通あたりの配信単価(メルマガ効果)を調べてみました。

例えば、メルアドを1万通保有するお店が「全配信」し、「メルマガ経由」で「2万円」売れた場合、配信単価(1通当たりの売上効果)は「2円」になります。

そして、1万人に全配信したところ5,000円売れた場合は「0.5円」になります。

勿論、この単価が大きい方がメルマガの効果が大きいということになります。

そして出店店舗様の状況を調べたところ、配信単価が0.4円というお店もあれば、40円を超えているお店もありました。

その差は100倍です!

では、なぜ、100倍もの差が生まれるのでしょうか?

ここが非常に重要なポイントになると考えています。

お店によって扱う商品も価格帯も異なるので、単純に配信単価だけで判断することはできませんが、この単価を如何にして上げていくかというのがメルマガ配信の改善をする上で追うべき重要指標になります。

この指標を上げていくことが出来れば、メルマガは衰退どころか、まだまだ今後も期待できる集客・接客ツールとなります。

なぜ、配信単価が低い店舗がいるのか?

配信単価が低いという場合は、必ず低いなりの理由が存在します。
その理由として

①メルマガが読まれていない
②読まれているけどメルマガ内のリンクがクリックされない
③リンクがクリックされているけど、購入されない
④メルアド保有数が少ない
のように大別されます。

更にその理由を掘り下げていくと

①メルマガが読まれていない
・メールの件名で「読もう」という気にならない
・配信タイミングが良くない
・配信回数が多くて嫌がられている(受信しても開かない)
・迷惑メールフォルダに振り分けされている
・受信してそのまま削除されている
・そもそもメーラーが利用されてない

②読まれているけどメルマガ内のリンクがクリックされない
・メルマガの内容に興味・関心がない
・興味・関心はあるけど、今クリックして閲覧する時間がない
・興味・関心はあるけど、今は必要ない

③リンクがクリックされているけど、購入されない
・メルマガとページにギャップがある(違和感を感じる)
・商品ページで買いたいという気持になれない

など。

他にも購入されない理由はいろいろあると思いますが、おおよそこんな感じに分けられるのではと思います。
ただ、配信単価が低い理由は絶対に「これだ!」と断定することは非常に難しいと思います。

あくまでも上記のようなことが原因ではないか?というような推測に留まります。

ここでやるべきことは、「今のお店の状況を冷静に見直してみる」ということです。
その上で、上記のような原因を想定し、それらを解決するためにどのような改善をしていき、そのように改善できたか(どのような変化が出たか)を検証していくことが大事です。

いかがでしたでしょうか?

上記のように、考えられる要因から、どんなことをやったら良くなるのか? お時間のある時に自分なりに考えて試してみると良いです。いつもと違うことをすることで、いつもとは違う結果が出てくることがあります。それが「改善」に向かったとしたら、そのやり方を更にチューニングしていくと良いでしょうし、もし何も変化がなかったら、実は要因は他のところにあると考えることができます。

その場合は他の要因と対策を考えてみると良いです。 この辺はまた次回に解説しますね!

ふぉろふぉろ通信とは

ふぉろふぉろ通信とは、Wowma!に出店してくれている店舗様が売上に繋がるように、出店店舗様向けに定期的に送っているノウハウメルマガです。ネット通販が初めてでもすぐに実践できるようなノウハウを公開。

ライターはWowma!の前身でもある「ビッダーズ」の時からアドバイザーとして
数百以上の店舗様をサポートしてきたセニョールです。
1999年からEC事業に携わり、自分自身でも事業者として複数のネットショッピングモールに出店したり、国内・越境自社サイトの運営もしていたため、店舗様の悩みに寄り添ったさまざまなコンテンツをお届けします。

せにょーる.png

セニョールからのコメント

ネット通販が初めての方や、経験はあるけれどどうやったら良いか分からない、というような方が「そうなんですね!」と感じてくれたり、即現場で活用できるような情報・ネタなどを色々お伝えできればと思います。

この記事が役に立ったらシェア!

  • Facebookでシェア
  • ツイートする
  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加