• ノウハウ系
  • ふぉろふぉろ通信
  • PR
  • top
  • >ふぉろふぉろ通信

ふぉろふぉろ通信とは

ふぉろふぉろ通信とは、Wowma!に出店してくれている店舗様が売上げに繋がるように、出店店舗様向けに定期的に送っているノウハウメルマガです。ネット通販がはじめてでもすぐに実践できるようなノウハウを公開。

ライターはWowma!の前身でもある「ビッダーズ」の時からアドバイザーとして
数百以上の店舗様をサポートしてきたセニョールです。
1999年からEC事業に携わり、自分自身でも事業者として複数のネットショッピングモールに出店したり、国内・越境自社サイトの運営もしていたため、店舗様の悩みに寄り添ったさまざまなコンテンツをお届けします。

せにょーる.png

セニョールからのコメント

ネット通販が初めての方や、経験はあるけれどどうやったら良いか分からない、というような方が「そうなんですね!」と感じてくれたり、即現場で活用できるような情報・ネタなどを色々お伝え出来ればと思います。

メルマガが読まれていない時に見直すべきこと

配信単価が低い理由は絶対に「これだ!」と断定することは非常に難しいです。 あくまでも「これらが原因ではないか?」というような推測に留まります。

ここでやるべきことが「今のお店の状況を冷静に見直してみる」ということです。その上で、上記のような原因を想定し、それらを解決するためにどのような改善をしていき、想定通りに改善できたか(どのような変化が出たが)を検証していくことが大事です。

ここからはもう少し詳しく解説していきます。

「メルマガが読まれない」と想定した場合、以下のような原因と対策方法が考えられます。

原因1:メールの件名で「読もう」という気にならない

メールを受信すると一番最初に目にするものは「件名」です。 件名が受信者の心にささらなければ、そのメールは「読まれない」か「削除」されます。 そこで大切なことは「読んでもらえる件名」を考えることです。

メールを受信した時に
「お!なんかありそうだ!」
「気になるタイトルだなー!」
といったような「ワクワク」したり。「何が書いてあるんだろう?」などのようにメールの件名から内容(文章)を開封して読んでみたいと思ってくれるような件名にすることが大事です。

また、件名が長すぎると受信者には件名の全文が見えなくなってしまうことで、伝えたいことが伝わらないということになってしまいます(これはよくあるケースです)。

従って、「お!!」って思ってもらえるような「キャッチコピー」などを使うなどして出来るだけシンプル且つ短文(15文字前後が良いと思います)にしてみましょう。

原因2:配信タイミングが良くない

多くの人がスマホでメールを受信するようになってきたことで、PCと違ってリアルタイムに受信する傾向にあります。

従って、配信(ユーザー目線では受信)するタイミングを考えることが肝になってきます。全員が全く同じ状況になるということはないので、大半の人がいつ・何をしているのかを想像しながら、「どのタイミングに配信すると読んでもらいやすいか」を考えます。

スマホの場合、メールをゆっくり読んでくれやすい時間帯というと、例えば
 ・朝の通勤時間帯
 ・ランチタイム
 ・午後の休憩時間(おやつタイム)
 ・帰りの通勤時間帯
 ・帰宅後就寝までの時間帯(あまり遅い時間だとクレームになるリスクがあります)
などが考えられます。

また、平日と休日でもかなり異なってきますので、様々な時間帯が考えられます。天気によっても変わってくる可能性は考えられます。

逆に仕事中や夜遅い時間帯に配信すると「忙しい時に送ってこないで!」とか、「こんな時間に送ってこないで!」と思われてしまう可能性が高くなります。

従って、曜日・天気・時間などいろいろな角度から考慮し、「この時間帯なら読んでくれそう!」と思われる時間帯に配信してみましょう。(どの時間帯が効果があるか、いろいろ試してみると良いです。)

また、「配信日を固定する」というのも1つの方法です。
配信日を固定すると、いわゆる「週刊誌」と同じで、「毎週●曜日に届く」という風に頭の中に記憶されやすくなります。

メルマガの冒頭とかにも「●曜日配信」とか書いておくと、読者にも覚えてもらいやすくなることがあります。

原因3:配信回数が多くて嫌がられている(受信しても開かない)

メールを受信する側の立場になってみると、メールのフォルダにたくさんの未読メールがたまっていて、しかも同じところから来ているメールが沢山たまっていると、開封すらしないで一気にまとめて「削除」してしまうことがあります。

私もプライベートでは沢山のメールマガジンを受信しています(PCもスマホも)が、特にPCのメールの場合は週に数回しかメールをチェックしていないので、その間に沢山のメールが溜まっていると、同じところから来ているメールは結構まとめて削除してしまったりし、1通しかきていないメールの方が読まれることがあります。

また、スマホの場合は多くの場合、リアルタイムに受信するので、あまり多く配信をすると、「このお店のメルマガ、しつこい!」が「このお店 = しつこい」という記憶のされ方になってしまう可能性が高くなるので、特にメールの配信頻度には気を付けた方が良いと考えます。

メールを受信する側も様々なところから沢山のメールを受信しており、しかも受信する側もメールを読む時間は有限なので、どのメールを読もうかと「絞り込み」をします。

そこで「読んでくれる」メールに選ばれることが何よりも大事です。

継続的に読んでもらうために、メールを受信する側からしつこく思われない程度の配信頻度に調整することを考えてみましょう。

その他:打ち手がない場合

・迷惑メールフォルダに振り分けされている
・受信してそのまま削除されている
・そもそもメーラーが利用されてない

この場合、打ち手はないと言って良いです。
一度迷惑メールフォルダに格納されてしまったりすると、お店側ではどうにもできない状態です。
また、受信されても一括削除されてしまうようになると、そこから挽回させるのは至難の業です。そうなってしまう前に、事前に対策を講じておく必要があります。

そもそもメーラーが利用されていないということは、特にプレゼントで集めたメルアドの場合によくあるケースで、懸賞目的のために大量にフリーメールアドレスを取得している懸賞マニアによくあるパターンです。

またはメルアドやPCを変更した際に今までのメーラーの設定が分からなくなってそのまま使われなくなってしまう、というようなこともあります。

これらのケースはどうにもならないことが殆どなので、対策は特に講じることはできません。

リンクがクリックされない時に見直すべきこと

メルマガは読まれているが、メルマガ内のURLがクリックされてないと想定した場合、 以下のような原因と対策案が考えられます。

原因1:メルマガの内容に興味・関心がない

実はこのパターンが結構多いと考えられます。
読む側がメルマガに対して持つ期待感と、配信する側が読む側に持つ期待感に大きな差がある場合、そのメルマガは興味を持って読まれず、その結果URLはクリックされなくなります。

読む側が持つ期待感とは、多くの場合、メルマガの件名で「どんな内容が書いてあるのかな?」とかワクワクしてメールを開封すると思います。

そこで件名を読んで思ったイメージや期待感と合致したメルマガの内容であれば、違和感なども感じることなくURLをクリックしてくれるでしょう。

しかし、件名を読んで思ったイメージや期待感とは異なるメルマガの内容だった場合、読んでいる最中に違和感やギャップ等を感じ、メルマガから離脱していきます。
※良い意味で期待を裏切った内容だったりした場合は、逆にクリックされます。

メルマガの件名を見て「読んでみよう!」と思ってくれた人の感情をマイナス側に変化させないような内容で構成してライティングすることで、メルマガはより一層読まれるようになり、その結果としてクリックされるようになります。

従って、件名と文章のバランスを良く考えてライティングをするように心がけてみましょう。

原因2:興味はあるけど、今は閲覧する時間がない

メルマガ購読者にどのタイミングで届くかによって読まれるタイミングが異なってくることは先ほど書きました。メルマガを送る側は読む側をコントロールすることは「ほぼ」できません。

この場合は、とにかく読んでくれるのを待つのみです。
敢えて仕組みとして取り組むとしたら、「●●時まで限定」のような内容や記載を盛り込むことで、その時間までに反応してくれることは増えると思います。

ただ、それも何度も通用するものではない(使いすぎると逆に嫌がられることがあります。)ので、あまりこの手の手法は使いすぎない方が無難です。

原因3:興味・関心はあるけど、今は必要ない

私もよくあるのですが、メルマガに掲載されていた情報や商品について関心はあるものの、「今すぐ必要ではない」「いずれ必要になると思う」という場合があります。

商品を購入する心理の基本は「今必要」ということですが、「今後必要」という「気づき」を与えること自体はできているので、そういう意味ではメルマガの効果があると考えて良いと思います。

ただ、それが今ではなく、将来の購入の「見込み」になるということです。

また、「いずれ必要」という意識を持ってくれた人がいた場合に、その後に何も案内をしないでいると「忘れられてしまう」ということにもなりかねません。

従って、前にメルマガで掲載したものを少し期間をおいてから再びメルマガでPRするなどすると、思い出してくれてうまくいけば「そういえば必要だったな!」と思い出してくれて購入してくれることがあります。

メールマガジンは「今すぐ買ってもらう」ためだけのものではなく、「いつか買っていただく」ために認知してもらうための手段でもありますので、情報やトピックなども交えて購読者に伝えていくと良いです。

いかがでしたでしょうか?

メルマガを読んでくれない要因というのは様々あり、理想は全ての要因を排除する施策ができれば良いのですが、それは現実的には不可能だと思います。

どこまでお店側で対応できるかということになると思いますので、次回のふぉろふぉろ通信で今までのことをふまえて、メルマガの考え方などをまとめて解説したいと思います。

この記事が役に立ったらシェア!

  • Facebookでシェア
  • ツイートする
  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加