【vol.29】大型連休の時に対応すべきこととは

  • ノウハウ系
  • ふぉろふぉろ通信
  • PR
  • top
  • >ふぉろふぉろ通信
  • >【vol.29】大型連休の時に対応すべきこととは

連休中は「ワクワク」「ハッピー」なイベントを

大型連休となると「たまにはどこか遠くに遊びに行こう!」という人もいれば、「どこに行っても混んでいるし、しかも高いから、近場でゆっくりしよう」という人もいると思い ます。本当にさまざまです。
しかし、共通することは「それぞれが余暇を楽しんでいる」ということで、多くの方がどこかでお金を使うことに間違いないです。そしてせっかくお金を使うならば、「楽しいことに」「ためになることに」「得することに」使いたいと思うのが人間の心理です。

いずれにしても「ワクワクすること」「ハッピーなこと」に対してお金を使いたいということになります。

そこで大事なことは「ワクワク」「ハッピー」なイベントを考え、そして仕込むことです。

そのために、どんな企画が実施できそうか、周りのスタッフなども巻き込んで、色んな企画案を出し合って、そこから良さそうなものをイベントとして仕込んでみると良いと思います。

「ワクワク」「ハッピー」なイベントとは

イベントについてはさまざまなアイデアが出てくるのではと思っています。しかし、真剣に考えすぎると逆にアイデアが出てこなくなってしまうこともあるかと思いますので、ちょっとだけイベントの参考例をご紹介します。

ポイントを活用した事例

これは大型連休に特化したことではなく、通常のイベントの考え方としても是非捉えておいてください。Wowma!の場合、頻繁にポイントキャンペーンを開催しています。ポイントキャンペーン開催中は、Wowma!全体の取扱高は大きく伸びます。
お客様は「少しでもお得に買い物したい」という心理になるので、いつもよりもお客様の反応が良くなります。

そして多くのお店がポイントキャンペーンの時にメルマガを配信しているのですが、実はそこで「売れるお店」と「売れないお店」で明暗が分かれる要因があります。それは何かと言いますと、「自分のお店でもポイントキャンペーンをやっているかどうか」です。

Wowma!としてポイントキャンペーンを開催している時に多くのお店がメルマガでPRしますが、その分、お客様に沢山のメルマガが届くことになるので、そこで選ばれる(読まれる)お店として絞り込まれるための条件(他のお店との差別化)というものも理解しておく必要があります。

その代表的な方法が「お店のポイント料率を上げる」ということです。

多くのお店はWowma!が付与するポイントにすべて頼り切ってしまっていますが、それだけでなくお店側でもポイント料率を増やし、メルマガやお店内でもバナーなどでPRすることでお客様に対してメリットを訴求しているケースの方が格段と売上が上がっているのは事実です。

従って、Wowma!のポイントキャンペーンの時にはお店としても便乗してポイント料率をアップし、それをメルマガのネタにしてお客様に周知するなどすると、いつもよりも購入率が高くなります。

その際にネタとして例えばお店として「9%」に設定して「最大9連休だから、Wowma!のポイントに更に9%ポイントUP!」みたいな感じでアピールすると効果・差別化を高めることができます。

他にも考え方次第でいろいろネタが出てくると思いますので、頭を柔らかくしていろいろ検討してみましょう。

クーポンを活用した事例


AdobeStock_113865450.jpg

先日より配布型クーポンのクーポン一覧ページがWowma!サイト内で表示されるようになりました。その結果、今まで以上にクーポンの効果が高くなってきており、新規購入客を増やし始めているお店が増えてきつつあります。

そこでクーポンが多くのお客様の目にとまるようになったことをうまく活用し、クーポンを発行することによる企画を考えてみるのも良いと思います。
例えば5月の連休限定で「5,000円以上の購入で555円OFFクーポン」とか。(5月の「5」をネタとした考え方として)

また、「クーポン一覧ページ」での表示順は
 ・クーポン割引金額順
 ・クーポン獲得終了日順
 ・クーポン獲得開始日順
 ・クーポン利用開始日順
 ・クーポン利用終了日順
で並び替えができるようになっています。

そのことを考慮すると、例えばクーポンの配布期間を「1日」にしたりして、毎日クーポンを発行するようにすると、「獲得終了日順」と「獲得開始順」の両方で表示されやすくなり、その結果、クーポンの発行数が増え、そして新規購入客の効率的な獲得が可能になることがあります。

ちょっとした考え方で同じクーポン発行でも効果が数倍変わってくることがあるので、連休に限らず新規顧客集客のためにも、うまくクーポンの発行の仕方も考えて活用してみてください。

タイムセールを活用した事例

あまり使われてないが、実は結構効果があるのがタイムセール機能です。既存の商品を期間限定でセール価格設定(個別商品で設定)をし、セール設定した商品をメルマガなどを使ってお客様に対して周知します。

セールのネタはいろいろアイデア次第で考えられると思います。特に、連休中にWowma!のポイントキャンペーンの開催が重なった場合などは、その期間限定の セール価格設定をし、店舗内ではゴールデンウイークセールのバナーなども用意してアピールし、メルマガでも読者に対して告知をします。

メルマガでの告知はセールの前日や2日前あたりに行っておくと、お客様もじっくりと考えた上でお買い物をしてくれるようになるかもしれません。

「その他要望」を活用した事例

これはサイト上には一切特典などを表記せず、メルマガ読者限定で行うイベントで有効な方法です。メルマガ読者だけにオマケをつけたり、割引してあげたり、送料無料にしてあげたりする場合などに特定の「キーワード」を考えておき、メルマガで『商品購入時に「その他要望」の欄に●●●●と記入してくれたら▲▲▲▲プレゼント』みたいな感じで周知します。

すると、メルマガを購読しているお客様にしかわからないシークレット対応となるため、メルマガを読んだお客様には「優越感」や「ハッピー」「特別感という感情が湧きやすくなります。

このような手法をたまに使ってみると、お客様に向けて「上得意」意識を植え付けることがしやすくなったりもします。ただ、受注対応の際にコメントの記入の確認漏れがあるとお客様からクレームになる可能性もありますので、受注担当の方は十分に注意する必要があります。

告知のタイミング

これらのようなイベントをどのタイミングで告知したら良いか考えないといけません。告知を何日も前からしてしまうと、「買い渋り」が発生し、「今買おうとしている」お客様が買うのを待ってしまって、売上が落ちてしまう可能性があります。

また、商品価格が1万円を超える場合、即断・即決で購入できないケースもあるので、比較的高単価の商品を扱っている場合は、直前すぎると逆に買い物されない可能性もあります。

それらを考慮した場合、
・低価格帯(数千円以下)であれば、イベントの間際に告知開始をする
・高価格帯(1万円以上とか)であれば、前日や前々日などに告知をする
というスタンスでも良いかもしれません。

連休中に接客が出来ない場合の対策

昨年末にも年末対策として説明しましたが、連休中は多くのお店が事実上お休みを取ると思います。その間もお客様からは注文やお問い合わせが入ることが考えられます

お客様はお店はいつでも対応してくれると思ってしまうことがよくあり、連休でも翌日配送してくれるものだと思い込んでいるケースも有り得ます。

そういう場合によくクレームになってしまいますので、連休中にお店の対応ができない場合は、お客様が確認できる箇所に「大型連休中のお休みや問い合わせ・発送の対応がいつからになるか」などの連絡を記載しておくと、お客様は連休中も不安をいだくことなくお買い物をすることができます。

ちょっとした配慮でお客様の不安心理を解消してあげることができますので、この連休前に必ず設定するようにしましょう。

ふぉろふぉろ通信とは

ふぉろふぉろ通信とは、Wowma!に出店してくれている店舗様が売上に繋がるように、出店店舗様向けに定期的に送っているノウハウメルマガです。ネット通販が初めてでもすぐに実践できるようなノウハウを公開。

ライターはWowma!の前身でもある「ビッダーズ」の時からアドバイザーとして
数百以上の店舗様をサポートしてきたセニョールです。
1999年からEC事業に携わり、自分自身でも事業者として複数のネットショッピングモールに出店したり、国内・越境自社サイトの運営もしていたため、店舗様の悩みに寄り添ったさまざまなコンテンツをお届けします。

せにょーる.png

セニョールからのコメント

ネット通販が初めての方や、経験はあるけれどどうやったら良いか分からない、というような方が「そうなんですね!」と感じてくれたり、即現場で活用できるような情報・ネタなどを色々お伝えできればと思います。

この記事が役に立ったらシェア!

  • Facebookでシェア
  • ツイートする
  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加