• ノウハウ系
  • ふぉろふぉろ通信
  • PR
  • top
  • >ふぉろふぉろ通信

ふぉろふぉろ通信とは

ふぉろふぉろ通信とは、Wowma!に出店してくれている店舗様が売上げに繋がるように、出店店舗様向けに定期的に送っているノウハウメルマガです。ネット通販がはじめてでもすぐに実践できるようなノウハウを公開。

ライターはWowma!の前身でもある「ビッダーズ」の時からアドバイザーとして
数百以上の店舗様をサポートしてきたセニョールです。
1999年からEC事業に携わり、自分自身でも事業者として複数のネットショッピングモールに出店したり、国内・越境自社サイトの運営もしていたため、店舗様の悩みに寄り添ったさまざまなコンテンツをお届けします。

せにょーる.png

セニョールからのコメント

ネット通販が初めての方や、経験はあるけれどどうやったら良いか分からない、というような方が「そうなんですね!」と感じてくれたり、即現場で活用できるような情報・ネタなどを色々お伝え出来ればと思います。

大型連休を使った売り上げに繋がる提案とは

2018年5月の連休は5月1日と2日でお休みを取得すると9連休という大型連休になります。大型連休となると多くの人が家族や友人とどこかに行ったり、何かをしたりするなど想像できると思います。

そこで大事なことは、「どこかに行ったり何かをしたりするときに、何が必要か?」を考えることです。なぜなら、必ず何かしら必要なものがあり、それを購入するという行為が発生する可能性があるからです。

例えば家族で潮干狩りに行く場合、「熊手」「手袋」「バケツ」「網」「ざる」
「保冷剤」「折りたたみ椅子」「レジャーシート」「絆創膏(ケガした時の救急セットなど)」「弁当箱」「ワンタッチテント」などなど。

イメージするといろんなグッズが必要だということがわかります。細かく記載するともっと色々あります。

AdobeStock_34026921.jpeg

また、バーベキューを楽しむ場合、「着火剤」「炭」「ライター(マッチ)」「まな板」「テーブルセット」「バーベキューグリル」「クーラーボックス」「テーブルウェア(食器等)」「トング」「包丁」「調味料」「うちわ」「鉄板(プレート)」「串」「キッチンペーパー」「洗剤」「ラップ」「ティッシュ」「スポンジ」「虫よけスプレー」「日焼け止め」「テント類」「食材」「飲料(アルコール含む)などなど

1つ1つのイベント・行事を考えると、色んなグッズが必要だということが分かってきます。この連休に想定できる様々なイベントを紙やホワイトボードなどに書き出し、その各イベントに必要な商品やグッズなどをリストに書いていくと、お客様に提案できるものが沢山見つかるかもしれません。

上記以外にも、例えば屋内(自宅など)で楽しむ人を想像すると、例えば「DVD(CD)」「書籍」「健康グッズ」「トレーニンググッズ」「ゲーム」「リラクシングチェア」「DIYグッズ」「ガーデニンググッズ」など様々です。
自宅で過ごす人に向けては「インテリアの模様替えの提案」などのように、普段できないことを大型連休を使ってやってみては?という感じで提案をしてみると、意外と良い反応が出るかもしれません。

通常の週末と違って長い休暇になるので、一緒に働いている人たちにどういう過ごし方をするかなど聞いてみて、実現できることってどんなことがあるのかを考え、提案するような企画を実施してみても、とっても面白いと思います。

大型連休以外にも出来る提案も沢山


AdobeStock_183601834.jpeg

5月は大型連休以外にも提案できることは沢山あります。全国イベントとしては「母の日」がありますし、地域別イベントとしては「運動会」があります。

運動会は春に実施するところと秋に実施するところがありますので、例えばメルマガは都道府県別で出し分けをして運動会グッズの提案をすることも良いかもしれません。

また、全国的な5月9日の記念日は「アイスクリームの日」です。もしアイスクリームを取り扱っている場合は、その日にクーポンを発行したり、ポイント増量するなど、企画を考えてみても良いでしょう。

そして、5月は気温の変化が激しい月でもあります。夏日になることも増え始め、身の回りのものに変化を求め始める季節でもあります。気温が上がることで衣類だと「ブラウス」「Tシャツ」「短パン」「クールビズ」「日傘」「サングラス」「帽子」「サンダル」などの商材が動き始めたりします。

美容健康関連ですと「理美容健康機器」「UVケア」「サプリメント」「スキンケア」など、インテリア系だと模様替えや衣替えを意識しはじめるので、「カーテン」「布団・枕」 「ラグ(絨毯など)」「食器」「壁紙」などです。
他にも食品やレジャー用品など、考えてみれば色々なものが動き始める月です。

どのような切り口でお店の中で企画・イベントをするかによって、多様な提案が可能だと思いますので、沢山案出しをして考えてみましょう。

毎月記念日はある

毎月「●●の日」といった記念日はありますし、作ることができます。スーパーなどでも「毎月●●日は5%OFF」とかやってますが、定期的なイベントにすることで、お客様は「毎月●●日は買い物しなきゃ!」と習慣として記憶してくれるようになります。

そういう意味では定期的なイベントを開催することは、特にリピーターを増やす上では非常に有効な施策です。
また、「●●の日」という記念日も色々ありますが、例えば以下が毎月設定されている記念日です。

11日:めんの日
12日:パンの日、豆腐の日
15日:お菓子の日、中華の日
16日:頭髪の日
20日:ワインの日
22日:禁煙の日
26日:風呂の日
29日:肉の日
30日:味噌の日
毎月最終日:そばの日

これらに関係するような商品を取り扱っている場合、上記の記念日に毎回イベントを開催すると、リピーターがその日に必ず買ってくれるようなものになる可能性が出てきます。

いかがでしたでしょうか。

お客様に対してお買い物をしてもらうための「きっかけ」をいろいろな切り口から提案してみると良いでしょう。

この記事が役に立ったらシェア!

  • Facebookでシェア
  • ツイートする
  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加