【vol.33】季節のイベントや記念日の考え方

  • ノウハウ系
  • ふぉろふぉろ通信
  • PR
  • top
  • >ふぉろふぉろ通信
  • >【vol.33】季節のイベントや記念日の考え方

今回は季節のイベントの考え方について書いてみます。具体的にお伝えできるように6月にフォーカスしてお伝えさせていただきます。

季節のイベントや記念日の考え方

イベントや記念日においては、店舗内に特集ページを用意し、そのページに関連する商品を集め、メルマガや広告などを活用し、特集ページにお客様を呼び込むようなことをするのが効果的な方法です。

それでは6月だと、どのようなイベントがあるのでしょうか。

AdobeStock_183602159.jpg

◆和菓子の日:6月16日

和菓子を扱っているお店はこの日限定でポイント料率を高くしたり、特別セットや限定福袋を用意したりなど、お客様がワクワクするような仕掛けを考えてみると良いでしょう。

◆父の日:6月17日

父の日は比較的間際になって購入する人も多いので、今から準備をしてもまだ間に合うと思います。お店で扱っている商品で父の日のプレゼントに適していそうな商品がありましたら、父の日用の特集ページを作成し、特集ページに関連する商品を掲載してみると良いでしょう。

また、父の日が過ぎてしまってから「ちょっと遅れたけど父の日プレゼント」という人もいるはず。そんなお客様向けに、「今からでも贈ろう!父の日プレゼント」という感じで、父の日の翌日から数日間実施しても良いかもしれないです。

◆夏のボーナス商戦

役所や企業などではボーナス支給日が到来します。ボーナスがある企業ではこの時期に普段よりも高額な商品が買われたりすることがあります。
そのため、高額品や普段なかなか買うことがないような嗜好品などを持っているお店の場合、特集ページを用意して、そのような商品を集めたページを作成すると効果が出るかもしれません。

◆お中元商戦

お中元の時期は地域によって異なりますが、7月から8月15日頃までです。その前にお中元に贈るギフトを選ぶ期間が必要になるので、6月中にはお中元のイベントを店舗内で開始していると良いです。

◆運動会

地域によって春に開催するところと秋に開催するところがありますが、5月から6月にかけて運動会をする地域があるので、運動会の需要で動きやすそうな商品をPRするというもの有効です。
例えば、デジカメやレジャーシート、キャンプ用のチェア、お弁当箱、水筒、オペラグラス、飲料など。

ここに記載した商品はほんの一例ですが、いろいろ考えてみるともっと沢山の関連商品があると思います。色々な切り口から見た特集ページの作成と品揃えを考えてイベントを仕掛けてみると良いでしょう。

季節の変化でイベントを考える

6月というと梅雨入りですが、6月から7月にかけては天気の変化が激しく、その影響で売れる商品が大きく変化する月でもあります。

また、天気の変化が激しいほど、売れる商品に大きな変化が出るものです。

◆梅雨入り

この時期から雨が多い季節になってきます。そして各地域が梅雨入りする季節でもあります。雨の日が多くなってくると動く商品があります。
例えば「傘」や「雨カッパ」「ブーツ」「除湿器」「除湿剤」「消臭スプレー」などのような商品の動きが活発になります。

◆アイスクリーム

真夏のようなカラッとした気候だとシャーベットが動きやすいのですが、湿度がある暑さの場合はしっとり感があるアイスクリームの需要が高まる傾向にあります。
また、5月頃から気温がかなり上昇していくので、アイスクリームの売上が伸びる傾向にあります。ポイント増量などのインセンティブ(付加価値)を付けるなどして、お客様への集客に力を入れてみるのも良いでしょう。

◆浴衣・水着

6月にもなると「お祭り」「海開き」「夏休み」というようなことを気にし始めます。そうなってくると、「水着」や「浴衣」などの需要が急激に高まってきます。
水着や浴衣を取り扱うお店はどんどん増えてきていますが、ただ商品を掲載しているだけだと、価格競争に巻き込まれてしまう可能性もあります。

できるだけ価格競争に巻き込まれないためにも「提案型」の販売手法を考えることも大事です。水着や浴衣を着るシーンはさまざまあると思います。

それぞれのシーンでどのようなデザインがおススメなのかなど考え、シーン別やタイプ別などの切り口で見せるようにすると、お客様には「私もそんなシーンで着たいな!」という感情が生まれ、その商品を購入したくなってきます。

価格優先ではなく、願望優先となるような提案を特集ページを活用して考えてみると良いと思います。

◆遊びのためのグッズ類

6月になると夏休みの予定を本格的に考え始めるころです。そうなってくると、夏休み関連でアウトドアグッズやマリンスポーツ、登山、旅行関連のグッズなどもかなり動きやすくなるので、それらの商品を持ってるお店は特集ページを活用して関連商品を集め、そこに集客をしてみると良いでしょう。

また、特にレジャー系の商材を扱う場合は「その楽しさを伝える」ことが非常に重要で、その楽しさを感じてくれた時にお客様は「私も楽しみたい!」という感情・心理が働き、その商品を「購入したい」という気持になっていきます。

そのためにお店のスタッフが実際に使って楽しんでいるシーンを投稿するなど、お客様にその楽しさなどが伝わるようなコンテンツを掲載していくのも有効な方法です。

◆「凉」のための製品

気温が暑くなって来たり湿度が高くなってくるこの季節。より快適に生活を楽しむために必要なグッズの売れ行きが高くなっていくのが6月です。
梅雨入りする6月は気温が上昇するだけでなく、湿度が一気に上昇する季節です。

そのため、日常の生活に不快感を感じる人が多くなってくる時期でもあるので、生活を快適にしてくれるグッズなどの需要が高くなるのが6月です。

例えばエアコンや冷風扇、扇風機などのような家電製品の需要は急激に高まり、ボーナス支給などの影響もあって高額品の注文も増える時期でもあります。また、寝室関連ではジェルマットやひんやりするマット、ブランケットなどが売れ始めるのも、この時期です。

リビングなどでは「凉」を感じるための模様替えなどの需要で、夏用のラグやカーペットなどが動き出すころです。他にもパジャマや下着なども速乾性があったり、発汗性の高い下着や衣類などもよく動く時期です。

衣類以外にも涼しい色使いしている食器やカーテン、風鈴などのような雑貨なども動き始めます。

考えればもっとさまざまな商品が頭に浮かんでくると思います。これらの商品をただ商品一覧のように並べるのではなく、「ライフスタイルを提案する」ような感じで特集ページのデザインを考え、掲載してみると良いと思います。

そして特集ページを作成したら、特集ページへお客様を集中して集めるために、TOPページにリンクを貼るだけではなく、商品ページや他の特集ページからもリンクを入れたりすることで、お客様がより沢山のページを回遊するようになってきます。

いかがでしたでしょうか。

売れる商品が大きく変わってくるこの季節。売上を伸ばす大事な時期でもあります。
上記の他にもアイデア次第でさまざまな切り口からお客様に対して提案をすることが可能になってきます。

今からじっくり考えて、さまざまな商品の提案をしてみると良いです。

ふぉろふぉろ通信とは

ふぉろふぉろ通信とは、Wowma!に出店してくれている店舗様が売上に繋がるように、出店店舗様向けに定期的に送っているノウハウメルマガです。ネット通販が初めてでもすぐに実践できるようなノウハウを公開。

ライターはWowma!の前身でもある「ビッダーズ」の時からアドバイザーとして
数百以上の店舗様をサポートしてきたセニョールです。
1999年からEC事業に携わり、自分自身でも事業者として複数のネットショッピングモールに出店したり、国内・越境自社サイトの運営もしていたため、店舗様の悩みに寄り添ったさまざまなコンテンツをお届けします。

せにょーる.png

セニョールからのコメント

ネット通販が初めての方や、経験はあるけれどどうやったら良いか分からない、というような方が「そうなんですね!」と感じてくれたり、即現場で活用できるような情報・ネタなどを色々お伝えできればと思います。

この記事が役に立ったらシェア!

  • Facebookでシェア
  • ツイートする
  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加