「型番系商品」で検索上位に来るためのポイント

  • ノウハウ系
  • ふぉろふぉろ通信
  • PR
  • top
  • >ふぉろふぉろ通信
  • >「型番系商品」で検索上位に来るためのポイント

ふぉろふぉろ通信とは

ふぉろふぉろ通信とは、Wowma!に出店してくれている店舗様が売上げに繋がるように、出店店舗様向けに定期的に送っているノウハウメルマガです。ネット通販がはじめてでもすぐに実践できるようなノウハウを公開。

ライターはWowma!の前身でもある「ビッダーズ」の時からアドバイザーとして
数百以上の店舗様をサポートしてきたセニョールです。
1999年からEC事業に携わり、自分自身でも事業者として複数のネットショッピングモールに出店したり、国内・越境自社サイトの運営もしていたため、店舗様の悩みに寄り添ったさまざまなコンテンツをお届けします。

せにょーる.png

セニョールからのコメント

ネット通販が初めての方や、経験はあるけれどどうやったら良いか分からない、というような方が「そうなんですね!」と感じてくれたり、即現場で活用できるような情報・ネタなどを色々お伝え出来ればと思います。

ここ最近「どうやったら検索結果で上位に来れるようになるんですか?」とか、
「SEO対策って、何をしたら良いですか?」というご相談・お悩みをかなりいただくようになってきました。

SEO(検索エンジン最適化)対策って、ネット通販をする上で、最も重要な集客手法なので、今回はその点についてお話したいと思います。

特に今回は「型番系商品」に絞ってお話したいと思います。

型番系商品とは

AdobeStock_98021060.jpg

「型番系商品」と言っても、「どういう意味ですか?」と思われる方のが大半かと思います。これはある意味では業界用語かなと思います。

世の中本当にたくさんの商品が溢れていますが、例えば私が新しいパソコンと買いたいと思って家電量販店とかに行った時に、お店に置いてあるメーカーカタログを見ながら、売り場にある商品のスペック(性能など)を確認する際に、そのパソコンの「型番」を確認し、メーカーカタログ内で同じ型番の商品を探し、その商品の機能などを確認したり、似ている商品との比較をしたりします。

また、その場で買わなかった場合など、その型番をメモしておいて、後で検索サイトなどへアクセスして、メモした型番で商品を検索したりして、気に入ったお店で商品を 注文したりなどすることがあります。型番とはそれぞれのメーカーなどが個々の商品を識別するためにつけた番号です。

型番というと家電製品というイメージがありますが、実は様々な商品についています。
例えばアウトドア製品、お中元などのギフトセット、ブランドバッグ、腕時計、カメラ、家具、カー用品、靴、おもちゃ、などなど。

これら、型番が存在し、型番で検索されやすい商品を「型番系商品」と言ったりします。

型番系商品の特徴と対策

ネットで商品を検索する場合、商品名で検索すると関連商品や類似商品なども検索結果に表示されてしまうことが多く、商品検索の絞り込みに時間がかかったりすることが多いです。

しかし、型番系商品の場合、調べたい商品の型番で検索をすると、ピンポイントに必要な商品だけに絞り込まれた検索結果が表示されやすくなり、無駄な情報を排除してスムーズにお目当ての商品に辿り着くことがしやすくなります。

また、商品にサイズや色、容量などに違いがある場合、そこから条件を絞り込んだりすることで、更にピンポイントにお目当ての商品を探すことができるようになります。

しかし、デメリットも存在します。お客様がお目当ての商品を容易に検索してたどり着けるようになるということは、お目当ての商品同士で比較をして買い物をするということになりやすくなります。

その際に「価格」が最も比較されることになります。

価格比較をされやすいということはデメリットになることが多いですが、型番系商品は「如何にして検索結果に表示させるか」を考えた出品をするかで、集客力に大きな差が出ることも事実です。

型番系商品でもちゃんと検索対策をしていない商品が沢山ありますので、同じ型番系商品同士でも、競合よりも上位に表示されるようにするために、いろいろいと対策を講じることが大事になってきます。

お客様に比較される以前に「お客様の目に留まる」ようにすることが大事です。

対策1:必ず型番を入力

これは当然のことですが、型番系商品の場合は、必ず「型番」を入力すること。ここから始まります。

Wowma!の場合、商品ページの登録の際に「型番」という項目があります。こちらには200文字まで登録可能なので、型番の文字数が長いケースでも対応が可能です。
※数十文字以上のケースは滅多にないと思います。

また、型番を入力しておくと、Wowma!と提携している他サイトに商品情報が掲載されたりもします。メリットが大きいので、型番がある商品は、必ず入力するようにしましょう。

対策2:商品タイトルを再確認

型番系商品は型番で検索されることが多いと書きましたが、それでも非常に重要なのは「商品タイトル」です。

当然商品名で検索されることがあるからですが、型番で検索された時の検索結果に表示される「商品タイトル」にお目当ての商品名が表示されていなかった場合、その商品は「お目当ての商品ではない」と思われてクリックさえされないということにもなります。そうなってしまったら型番入力しても意味がありません。

従って、「商品タイトルに掲載するワードの順番」が結構重要です。

最近は半数以上の人がスマホ経由で検索をするようになり、Wowma!においても大半はスマホ経由でアクセスしてきています。

Googleの検索結果を見ると、商品タイトルが長いと途中で「...」となってしまうことが
ありますが、大事な部分が「...」となってしまったら検索してくれた人はその商品を
クリックしてくれないでしょう。

AdobeStock_69485746.jpeg

従って、商品タイトルを考える際に重要なことは、「重要なものほど先頭に書く」ということです。特に型番系商品の場合は価格比較をされるケースが多いと思います。

その際に有効なのは「送料無料」「数量限定」「ポイント●倍」など、買い物をする際の購入判断となる商品価格以外のメリットを先頭に記載することです。

その後に商品名、メーカーなどを記載します。

対策3:検索タグの設定

以前のふぉろふぉろ通信の記事でも検索タグについてお話ししましたが、Amazonのように商品によっては検索をした際に、色やサイズ、材質などで絞り込んだりすることが可能な場合があります。そこで詳しく絞り込むことで、お目当ての商品がより簡単に探せるようになります。

例えば、
・洗濯機だと洗濯容量が「5kg」「6kg」「7kg」・・・
・指輪のサイズが「10号」「11号」「12号」・・・
・衣類のサイズが「S」「M」「L」・・・
・家具の幅が「60~69cm」「100~109cm」「140~149cm」・・・
・ウエスト(インチ)が「26インチ」「29インチ」「34インチ」・・・
・自転車用タイヤのサイズが「14インチ」「20インチ」「26インチ」・・・

といった絞り込みを「検索タグ」で行うといいでしょうか。

商品のスペックを絞り込んで検索しているお客様は、目的買いのケースが多いため、検索タグを設定することで、具体的な商品を探しているお客様に対して商品の露出が増えるため、商品ページのアクセス数が増えるだけでなく、購入率が高くなることがあります。

ここで非常に重要なことを教えます。
今後は「検索タグ」を設定していない商品は検索結果で上位表示されにくくなります。 この検索タグを設定するかどうかで、商品ページへのアクセス数を大きく左右することになるので、検索タグ設定が必要な商品については、必ず検索タグの設定を行うようにしましょう。

型番系商品については、価格競争以前に検索にヒットさせ、出来るだけ上位に表示させることでお客様を呼び込むことがまず大事(価格がどんなに安くても検索に引っかからなかったら意味がないのです)なので、上記の対応を是非行ってみてください。

この記事が役に立ったらシェア!

  • Facebookでシェア
  • ツイートする
  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加