時間がない!残り1日で仕込める事とは

  • ノウハウ系
  • ふぉろふぉろ通信
  • PR
  • top
  • >ふぉろふぉろ通信
  • >時間がない!残り1日で仕込める事とは

ふぉろふぉろ通信とは

ふぉろふぉろ通信とは、Wowma!に出店してくれている店舗様が売上げに繋がるように、出店店舗様向けに定期的に送っているノウハウメルマガです。ネット通販がはじめてでもすぐに実践できるようなノウハウを公開。

ライターはWowma!の前身でもある「ビッダーズ」の時からアドバイザーとして
数百以上の店舗様をサポートしてきたセニョールです。
1999年からEC事業に携わり、自分自身でも事業者として複数のネットショッピングモールに出店したり、国内・越境自社サイトの運営もしていたため、店舗様の悩みに寄り添ったさまざまなコンテンツをお届けします。

せにょーる.png

セニョールからのコメント

ネット通販が初めての方や、経験はあるけれどどうやったら良いか分からない、というような方が「そうなんですね!」と感じてくれたり、即現場で活用できるような情報・ネタなどを色々お伝え出来ればと思います。

決戦は「木曜日」

このタイトルを聞くとドリカムの曲を思い出してしまうのですが、実は「決戦は金曜日」ではなくて「木曜日」なのです。どういう意味かと言いますと、「決戦は12月20日(木)」なのです。(2018年12月18日配信のコラム)

これだけでは、まだわからないですよね。この意味は「クリスマスに間に合わせるためには20日に出荷しないと危ない」ということなのです。今年のクリスマスは22日(土)~24日(月)の3連休となっているため、イベントはこの連休中に行われることが非常に多いと考えられます。

となると、お客さまは22日(土)の昼までにはクリスマスイベントの準備ができないといけないというケースも想定できます。通常時期ですと22日に商品が間に合うようにするには前日の21日に出荷すると問題ないですが、この時期はどの宅配業者も配達依頼が集中しているため、予め規制をかけているケースもあります。

そのため、翌日配送が困難な(間に合わない)こともあります。そうなると、注文を受けた商品は20日(木)には出荷をしておかないといけない、ということになります。(もしかしたらそれでも間に合わないケースもあるかもしれません。)

これらのことを考えると、お店の受注体制や仕組みにもよりますが、20日の午前中がクリスマス商戦の正念場になる可能性があります。そうなんです。だから、決戦は20日の木曜日なのです。ここで最大の受注対応をしようとした場合、19日にどれだけ集客と接客を行えるかが年末商戦最後の商機と言っても過言ではありません。

はい。このコラムが届くのは18日(火)です。そして、19日は「明日」です。となると、もう「今何かするしかない」のです!待ったなしの状態になってきました!
そこで、今から1日で何ができるでしょうか?何をすべきでしょうか?


19日の朝からやるべきこと

AdobeStock_140328511.jpeg

もう時間はありません。

あとは「やりきる」のみです。
では、今から1日で一体何ができるというのでしょうか?
今、やれそうなことを考えてみました。

◆露出強化

クリスマスに間に合う対応をする場合、宅配業者の配送遅延の可能性があるので、19日が完全にファイナルになると思っても良いです。そうなると、19日は何が何でも集客力を最大化させるのが良いとも言えます。ただ、今から即戦力で使えるものは、数が限られてきます。

★販促費を活用するパターン
このタイミングで販促費を投じて対応するとしたら、検索広告の活用です。販売したい商品に特化して商品PRすることで、効率的に集客力を強化することが可能です。

★無料で対処する(モール内SEO対策
クリスマスやお正月需要がある商品なのに「クリスマス」などの関連ワードが商品ページに設定されていないケースをかなり目にしています。これは「機会損失」以外のなにものでもありません。

「商品タイトル」「検索キーワード」に関連ワードを盛り込み、今からでも関連ワードで検索してきたお客さまに対して目立つようにさせましょう。今からでも間に合います!

◆期間限定イベントの実施

この19日にお客さまに対してメリットが出るようなイベントを考えるのも、1つの手段となります。例えば「12/19のみ利用可能なクーポン(配布型クーポン)」を発行して、お客さまにはその場でお買い物をしていただくための施策を実施します。

他にも、例えば「19日限定のポイント10倍キャンペーン」などを実施してみると、19日に買うメリットを訴求できるので、購入率は高くなる可能性があります。しかし、それだけではお客さまが来訪してくれないので、ポイントキャンペーンを実施する場合は、集客力を最大にするために、検索広告も導入するなどして、可能な限り集客導線を増やした方が良いです。

19日に客単価を上げようと思った場合は、19日限定のまとめ買い割引キャンペーンを実施すると、そこでまとめ買いが増えて売上も増加することも考えられます。

◆期間限定イベントの実施

商品を注文して何日で配送されるのかわからないと、お客さまは商品を注文してくれません。特にこの重要なイベントに向けての商品購入の際はなおさらです。

今までも数回この件に関してはお話してきましたが、お客さまが安心して消費を購入していただくためには必要な情報なので、まだ設定をしていな場合は可能な限りすみやかに設定してしまいましょう。

まずはこれらの中からやれることをやってみるようにしましょう。


参考情報:年末関連ワードの推移

GoogleTrendsで直近のショッピングに関する検索ワードの推移を調べてみました。
※2018年12月14日現在の状況です。

・「クリスマス」
12月10日にピークアウトし始めている可能性があります。

・「クリスマスケーキ」
検索ボリュームはまだ上昇傾向にあります。ここから最後の追い込みとなりますが、物流の兼ね合いもありますので、広告の露出強化は19日~20日あたりがピークとなると考えます。(24日到着まで狙う場合はもう少し後まで露出強化しても良いと思います)

・「オードブル」
このワードも上昇傾向にあります。クリスマスだけではなく、正月での利用も想定されるので、クリスマス後までは露出強化をすると良いでしょう。新年会需要も考えている場合は、1月上旬まで露出強化を継続でも良いと思います。

・「カニ」
カニもまだまだ上昇傾向にあります。なお、 蟹 < かに < カニ という検索ボリュームになっています。「検索対策では3つのワードを盛り込んでおくのが無難ですが、3つが無理な場合は、「カニ」のワードを商品タイトルや検索キーワードに設定するようにしましょう。

・「おせち」
そろそろ鈍化傾向にあります。クリスマスの3連休に最後の追い込みができると思います。物流に問題がなければクリスマス後の間際の需要も囲い込みができるかもしれませんので、業務上対応が可能なようでしたら、クリスマス後まで集客強化をしてみると良いでしょう。

・「指輪」
引き続き検索ボリュームは上昇傾向にありますが、クリスマス直前から減少します。その中でも「週末」に検索ボリュームが増える特徴がありますので、効率的な集客を行うのでしたら、土日祝日に露出を強化するのも良いと思います。

・「福袋」
11月末に一度ピークを向かえ現在減少傾向にありますが、クリスマス頃から再び検索ボリュームが急激に伸びてくるでしょう。
クリスマス頃からプラチナマッチ広告広告や配布型クーポン発行によるクーポン一覧からの集客強化など、これから力を入れていくようにしましょう

・「財布」
財布の検索ボリュームはどんどん上昇してきています。正月明けまで検索ボリュームが伸びます。新年に新しい財布に替えると縁起が良いとも言われますが、これから財布の注文が増えていきますので、広告の活用も年明けまでは強化しておくと良いでしょう。


このように、商品によって検索ボリュームの推移が異なりますので、商品によって集客の強化タイミングを考えてみるのも良いと思います。

この記事が役に立ったらシェア!

  • Facebookでシェア
  • ツイートする
  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加