年明けはイベントが盛り沢山

  • ノウハウ系
  • ふぉろふぉろ通信
  • PR
  • top
  • >ふぉろふぉろ通信
  • >年明けはイベントが盛り沢山

ふぉろふぉろ通信とは

ふぉろふぉろ通信とは、Wowma!に出店してくれている店舗様が売上に繋がるように、出店店舗様向けに定期的に送っているノウハウメルマガです。ネット通販が初めてでもすぐに実践できるようなノウハウを公開。

ライターはWowma!の前身でもある「ビッダーズ」の時からアドバイザーとして
数百以上の店舗様をサポートしてきたセニョールです。
1999年からEC事業に携わり、自分自身でも事業者として複数のネットショッピングモールに出店したり、国内・越境自社サイトの運営もしていたため、店舗様の悩みに寄り添ったさまざまなコンテンツをお届けします。

せにょーる.png

セニョールからのコメント

ネット通販が初めての方や、経験はあるけれどどうやったら良いか分からない、というような方が「そうなんですね!」と感じてくれたり、即現場で活用できるような情報・ネタなどを色々お伝えできればと思います。

あっという間に1月も半分終わってしまいますが、ここからゴールデンウィークまではイベント盛りだくさんのシーズンに突入です。ここから一気にエンジン全開にして、猪突猛進で突き進んでいきましょう!


これからのイベントとは?

お正月が終わり、福袋の発送でてんてこ舞いになっている店舗様も結構いらっしゃるようですし、年末年始の対応が落ち着いて、ちょっとゆっくりしたいという店舗様もいらっしゃるようです。

しかし、ここで一気にこれからのために仕込みをしていかないといけないです。

2月3月
1日 豚の日
3日 節分 ひな祭り
4日 ミシンの日
5日 プロ野球の日 サンゴの日
6日 海苔の日
8日 ミツバチの日
9日 ふく(ふぐ)の日
10日 ニットの日
12日 ブラジャーの日 財布の日
13日 サンドイッチデー
14日 バレンタインデー ホワイトデー
15日 お菓子の日 靴の記念日
18日 彼岸の入り
19日 プロレスの日
20日 電卓の日
21日 ランドセルの日
22日 猫の日
卒業・新入学・新生活・引越し
旅行・アウトドア
お花見
4月5月
3日 インゲン豆の日
4日 あんぱんの日
5日 ヘアカットの日 こどもの日
6日 コンビーフの日
8日 タイヤの日
9日 アイスクリームの日
10日 駅弁の日
12日 母の日
13日 愛犬の日
15日 ヨーグルトの日
22日 清掃デー
23日 サンジョルディの日
新入学・新生活・引越し
お花見
旅行・アウトドア
ゴールデンウィーク
ゴールデンウィーク
旅行・アウトドア
こんにゃくの日
梅雨入り(沖縄)
運動会
水着・浴衣特集

他にも毎月あるのは

・8日:お米の日
・12日:パンの日・納豆の日・豆腐の日
・18日:頭髪の日
・20日:ワインの日
・22日:夫婦の日・ショートケーキの日
・24日:鰹節の日
・26日:風呂の日
・30日:味噌の日
・月末:そばの日
・金曜日:カレーの日
・土曜日:手巻きの日
・日曜日:パスタの日

など、さまざまな記念日があり、これらの記念日や祝日・年中行事などと、お店で扱う商品との関連性をよく考えてみると、意外とネタとしてお店独自のイベントを実施したり、新しい販売企画が生まれてくることがあります。何よりも目先に迫ってくるビッグイベントは「バレンタイン」ですね。


直近の検索トレンド

今のタイミングは年末商戦関連ワードから次の関連ワードへのニーズの移り変わりを見ることができるのですが、この時期の代表ワードは「福袋」「バレンタイン」「ホワイトデー」です。
以下は1年前のGoogleの「ショッピングで」検索したワードの推移です。

kensaku.png

1月の3連休をピークに福袋の検索ボリュームは減少していきますが、それと入れ替わりにバレンタインの検索ボリュームは増えてきます。昨年の事例だと、1月30日に福袋とバレンタインの検索ボリュームが交差しました。それを考えると、まだまだ福袋の需要は考えられるので、もうしばらく販売をしてみるのも良いです。

前にも解説しましたが、福袋自体は一年中売れますので、内容を季節に応じて変化させながらずっと出品していても良いかもしれません。また、バレンタインに関連する商品をお持ちの場合、早急に出品を済ませるようにしましょう。


バレンタインの小ネタ

みなさんの中でバレンタインデーだけでなくてホワイトデーにも対応できる方がいらっしゃると思います。もしそうだとしましたら、ちょっとしたアイデアをやってみてはいかがでしょうか。

それは何かというと、「バレンタインギフトの中にホワイトデーの提案を入れる」ということです。では、それを具体的にどのようにやったら良いでしょうか?

まず、ホワイトデー用の特集ページをサイト(店舗)内に用意しておく(ページ作成は後日でも良いです。)特集ページが出来上がったら、バレンタインギフト商品に同梱するメッセージを作成する。メッセージのイメージは「バレンタインのお返しに素敵なアイテムをご用意してあります。貴方様のために選んでくださった当店で、大切なギフトをお返しに選んでみてはいかがですか」など。

できればクーポンも発行し、メッセージカードにクーポンをQRコードで貼りつける(印刷)する。その場合、メッセージも「今回は当店からの感謝の気持ちを込めて、●●%OFFになるスペシャルクーポンもプレゼントいたします。」のように付け加えると良いです。

AdobeStock_209_100.jpg

上記のメッセージをメッセージカードなどにして用意し、商品に梱包する。(ラッピングの中に入る位の大きさにした方がいいです)

バレンタインギフトを発送開始する前に、ホワイトデー対応(出品と特集ページの作成)を完了させておく。

これをすることで、バレンタインギフトを購入してくれたお客様がメッセージを読んだことがきっかけで、バレンタインのお返しを注文してくれることがあります。つまり、バレンタインギフトを貰った方が「新規購入客」になることがあるのです。言い換えると「一石二鳥」となる手法ですので、是非チャレンジしてみましょう。

いろんな記念日やイベントなどがこれからたくさんやってきますので、いつからどんな企画をスタートさせるのか、いろいろと考えてみて、どんどんお客様のために企画を進めていくと良いと思います。

この記事が役に立ったらシェア!

  • Facebookでシェア
  • ツイートする
  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加